はじめまして、こつぶ夫人です。アタクシの秘密のお部屋へようこそ。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2009.08.15 Saturday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - |
信長の野望。
先月のことだ。

王妃が出かけてしまったので
俺と王子、姉姫と王様でいつもの料理屋へ。

そこで、姉姫がコブクロのライブに行くことが発覚。
いや、ストリート時代からのコブクロファンである王子に
姉姫がなんともデリカシーの無い自慢話をしたのだ。

「ぜんぜんその気なかってんけど、コブクロのチケット貰ってん。」

王子が少し凹み気味で言った。

「どうせ平日やし俺行かれへんし・・・・」

ちょっとかわいそうだ。そう思っている俺を横目に
嬉しそうにライブの話を一人で話す姉姫。
彼女、曲も殆ど知らないのに。

イライラしていると、酔いの回った王様が突然口を開いた。

「わしが行ったコンサートもなかなか良かったで。」
「え?お義父さんコンサートなんか行くんですか?」
「知らんかったわー、誰?杉良とか?」


「信長。」   

「・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・。」
「・・・・・・・・。」


「あいつなかなか歌うまいねん。」
「えっと・・・『人間50年〜イェイっ 下天のうちを〜比ぶれば〜ハッ』とか歌うんですか?」
「まあ、そやな。」

俺はオープニングショーで啼かないウグイスが白鳩の代わりに飛び立ち、
それを撃ち殺していくステージ上の信長を思い浮かべた。

もちろん、明白な嘘だ。
あまりにカッ飛んでいるので、姉姫の自慢話は鎮火し、
俺と王子は大喜びでこの嘘話に飛びついた。

「長篠は凄かったで。演出が。」

もう、俺は王様を抱きしめたくなった。
王子のことを気遣って、こんな壮大なヨタ話をしてくれたのだ。
なんて素敵な親だろう。

「あー、もっかい行きたいなぁ。信長。」


嘘話が受けたことに気を良くした王様は
その後バックコーラスの秀吉、家康、
ダンサーの濃姫なんかの話をし続け、気付けば日付が変わっていた。



王様、ありがとう。もういいで。


【2007.04.06 Friday 08:35】 author : こつぶ夫人
| ロイヤル・ファミリー紹介 | comments(18) | - |
兄王子。
そういえば、兄王子について
あまり書いていなかった。

…別に無理に書かなくてもいい気もするが。

彼は、一族で一番の酒飲みだ。
兄王子が乗った車は一目でわかる。
ビールの空缶がゴロゴロ、
着替えた作業服がわんさか。
ツマミとコンビニ袋が散乱。

兄王子の名誉のために言っておくと、
飲酒しながら運転したりするわけではない。

家に帰ってから、
車庫でこっそり飲むのだ。
あまりに高い酒代に、あからさまに不機嫌な顔な兄嫁を恐れての習慣。
まあ、ビール代が月に3万超したら、
俺でも不機嫌になる。
兄嫁の反応は、理解できる。


以前、仕事終るのも遅い上に
飲みに行く回数も多く、
兄嫁は
「うちは母子家庭」

と言い切っていた。
姪っ子に至っては、
久しぶりに朝出会った父親に

「パパ、また来てね〜♪」

と言う始末だった。

最近はマイホームパパを目指して
ちゃんと帰宅はするのだが。
車庫で飲んでたら同じことじゃなかろうか。

そして我が王子が
兄が乗った会社の車の惨状を見て

「どーでもいいけど掃除くらいせーよ!」

とキレまくっている。

今度会社の車全てに

『車は居酒屋ではない』
『車はクローゼットでもない』

という貼り紙をする予定。


…えと。
兄王子は優しくていい男だ。
兄嫁曰く、ヨンさんに似ているそうだ。

…知るか。
【2006.10.01 Sunday 11:33】 author : こつぶ夫人
| ロイヤル・ファミリー紹介 | comments(4) | trackbacks(0) |
軽スーパーカー。
会社の軽トラック。


俺たちは『スーパーカー』と呼ぶ。

その理由は・・・・・。




甥っ子が低学年のとき、この軽トラックで兄王子と買い物に。
家の車は兄嫁が乗っていってその時無かったからだ。

初めて軽トラックに乗った甥っ子は、
その振動、シートの狭さ、
音のでかさに興奮して

「早い〜早いぃ〜♪」

と大騒ぎした。

そして翌日、学校で、

「パパの車な〜、二人乗りやねん。めっちゃ早いでーーー!」
「音もかっこいい!ぶろろ〜ぶろろ〜!」
「後ろは平たいねん♪でシートかぶってんねん。」



これを子供たちはそれぞれの親たちに話し、
甥っ子の話が原因で甥っ子のパパが乗ってる車は
「ポルシェのオープンカー」だとか「コルベット」だとか、いろいろな誤解を生んだ。


で、ある日父兄参観に仕事を抜けて軽トラックで行った兄王子は、
甥っ子の友人父兄に、

「今日はスーパーカーじゃないんですか?」

と聞かれた。



兄王子はそのいきさつを聞いて、
軽トラックで行かなければよかった、と後悔したという。




でも、俺たちファミリーはそんなかわいいエピソードが大好きで、
未だにこいつを「スーパーカー」と呼んでいる。


甥っ子の発言は、間違ってない。

【2006.06.17 Saturday 10:03】 author : こつぶ夫人
| ロイヤル・ファミリー紹介 | comments(6) | trackbacks(0) |
  .